やる気のある新卒を見分ける採用テク

新卒を採用する時に、一番気を付けなくてはいけないのが、やる気があるかどうかです。中途採用の場合には、今までの経験や持っているスキルをチェックして判断する事が出来ます。ところが、これから新しく社会人になる新卒は、当然判断材料が無いので、如何にして、やる気のある子たちを見極めるかどうかというのが重要となります。優秀でやる気があり、会社と共に成長をして行く事が出来る人材を見つけるためにも、自分のチームに適した人材を的確に見極めるステップを学びましょう。その為には、履歴書の内容だけで判断をするのではなく、きちんと面接をして、その人の個性や性格、能力を判断する必要があります。では、面接では、どのような点をチェックして、候補者を見極めれば良いのでしょうか。

第一印象を大切にしてよく観察をしよう

新卒の採用で最も重要となるのが、第一印象を大切にする事です。面接中の行動をよく観察してみて下さい。そうすれば、今、面接をしている人が、会社に入ったらどのような従業員になるのかどうかというのが、想像する事が出来るでしょう。何故かと申しますと、中途採用で転職を沢山している人に比べますと、当然面接経験は無い訳ですから、非常に面接時に緊張をしている可能性があります。ですので、面接での受け答えが完璧ではない可能性がありますので、面接内容だけで決めてしまうのは良くないという事です。面接以外の、ロビーでの候補者の行動を、受付の担当者に聞いてみましょう。到着をした時に、礼儀正しい態度だったかどうか、それともモゾモゾと小さい声で話をしていたかなど、第一印象を聞いてみる事で、自ずとその候補者が見えてきます。その点を大切にして、良い判断をするように心掛けましょう。

面接時には情熱を評価するようにしよう

履歴書の内容が完璧で、成績優秀、インターンシップの経験を持っていたとしても、応募をした会社に対する情熱が一切見られないようであれば、全く話になりません。候補者が会社の大ファンである必要はありませんが、選んだ職種や会社に対して、強い関心を示してもらわないと、会社に入ったとしても、良い仕事をしてくれるとは言えないでしょう。また、会社に入って、キャリアをどんどんと築こうと考えている人は、年齢問わず自分のこれから先に対して、強い情熱を抱いているものです。在学中に、どんなことに熱中をしたのか、また、入社をしたらどんなことをやりたいのかといった話を必ず聞いて、その時の候補者の情熱をきちんと見極めるようにしましょう。例え緊張をしていて、たどたどしかったとしても、生き生きと自分の事を話していれば、十分注目するに値する人材だと言えるでしょう。