新卒者を採用するメリットとデメリット

日本企業の雇用形態の特徴のひとつに、高校や大学を卒業したばかりの新卒を一括採用するというシステムがあります。毎年4月になると各企業で入社式が行われ、新しいスーツに身を固めた新入社員の姿が見られます。この制度は高校や大学を卒業する学生にとっては、学校を卒業する前に次の行き先が確定しているという大変ありがたいシステムではありますが、雇用する側の企業にとってはどんなメリットがあるのでしょうか。学校を出たての右も左もわからない若者を雇用するのですから、企業側の立場からしても、新人を一括雇用することで多くのメリットがあるからこそ行われているはずです。しかし、そこには何かしらのリスクもあるということも否めないのではないでしょうか。ここでは新卒採用のメリットだけでなくデメリットも一緒に考えてみたいと思います。

新人投入で社内の空気も変わる?

企業側にとって新卒をいっぺんに採用することのメリットとして1番に挙げられるのは、面接や入社後の社員教育を一括して行うことができるので、そういった業務のスケジュールが立てやすいということがあります。それから毎年新入社員が入ることで、社内に新しい風を入れることができます。ともすれば慣れのため惰性で仕事をこなしているかもしれない古くからいる社員の間にも、良い意味での緊張感が生まれ、仕事に対する姿勢を今一度見直す良いきっかけにもなります。新人同士にとっても同期入社というのは特別な関係となる場合が少なくありません。一緒に入社したことで、連帯感を持つことができるだけでなく、お互いを良きライバルとして切磋琢磨しながら共に成長していける一生の仲間となることもあるでしょう。

メリットは満載だけれどデメリットも

企業にとっても毎年新卒を採用しているということは、世間に向けて安定した会社だというイメージを植え付けることができるので、これもまた大きなメリットとなります。では、デメリットにはどんなものがあるでしょうか。企業にとってのダメージは、何といってもお金をかけて研修をし、せっかく育てた新人が数年も働かないうちに離職してしまうことでしょう。内定を出してから実際の入社までに時間があることも、内定辞退者が出るかもしれないリスクにつながります。辞退者が出ればまた初めから新しい人材を探さなければならなくなるため、無駄なコストが発生してしまいます。企業はこういったリスクを回避するために、応募者にいかに企業の魅力をアピールできるかということが、離職者や内定者を出さないためのカギとなります。